So-net無料ブログ作成

SmileDecoderR5n? [DCC]

R7nからアンプを取って電源をレギュレータICに変更したR5nを書いてみた。
さらに小さく、スマイルコネクタと反対側の端子付近(白ライン)で切り取ると
12mmx27mmというサイズになります。
なぜR5nかというとアンプを搭載しないことから過去のR3nに合わせモータから
のVVVFサウンドが可能なように(マイコンピン配置を)変更したためです。
基板厚も4層で0.8mmにしています。
SMILEDECR5N01.png

端子側の穴だらけの部分は、1.27mmピッチですが、直接リード線をハンダ付けしても
作業中に切れたりショートしないように電線を通す穴を設けています。
不要な場合は白線の部分で切断します。(基板厚0.8mmなので簡単に切断できると思います)



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

twaydcc

スマイルコネクタ内側のスルーホール列はR6n互換ではないのでしょうか。スマイルコネクタをカットした後、ポゴピンを当ててスケッチ書き込みしてますが、非互換ですとまたポゴピン基板を作り直さないといけません。
by twaydcc (2018-12-17 22:35) 

ラスカル

twaydcc さん

コメントありがとうございます。
ごめんなさい。
ピンの番号はR6nは基板端から531642ですが、
ここに掲載したものは123456とろいう順番で向きも逆になっています。
R6nはマニュアルでパターン作成してピンの順番を苦心して並べたのですが、最新版はKICADで作成してしますのでそこまで考えていません
でした。
今後検討します。
このピン部分は1.27mmのピンヘッダとソケットを考えています

by ラスカル (2018-12-17 23:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。